ポーランド政権、ウクライナ・ロシア間国境の情勢展開につき「あらゆる可能性を排除しない」

ポーランド政権、ウクライナ・ロシア間国境の情勢展開につき「あらゆる可能性を排除しない」

ウクルインフォルム
ポーランド政権は、ウクライナ・ロシア間国境情勢の今後の展開につき、あらゆる可能性を排除していないと指摘した。

27日、パヴェル・シュロト・ポーランド大統領府長官がポーランド・ラジオにコメントした

シュロト氏は、「現在、私たちはあらゆる可能性を排除していない。状況は深刻だ。私たちは、ウクライナと緊密に協力している。(クリスマスや新年の)お祝いの前、(ドゥダ・ポーランド)大統領は、ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領とルブリン・トライアングルのフォーマットで会談した。(中略)協力は非常に集中的だ」と発言した。

同氏は、ドゥダ・ポーランド大統領は、ウクライナの領土一体性・民主主義体制維持の問題に関して、ウクライナを強くサポートしていると強調した。

これに先立ち、20日、ゼレンシキー・ウクライナ大統領、ナウセーダ・リトアニア大統領、ドゥダ・ポーランド大統領(ルブリン・トライアングル3国首脳)は、ウクライナ西部イヴァノ=フランキウシク州フータ村で会談し、ロシアの対ウクライナ侵略問題やウクライナの北大西洋条約機構(NATO)・欧州連合(EU)加盟問題などを協議していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-