ゼレンシキー大統領、大富豪対策法の採択を歓迎

ゼレンシキー大統領、大富豪対策法の採択を歓迎

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は、23日に採択された大富豪(オリガルヒ)定義・対策法は、大型ビジネスと国家の間に文明的で清い関係を築くチャンスを与えるものだと発言した。

ゼレンシキー大統領がフェイスブック・アカウントにコメントを書き込んだ

大統領は、「ウクライナは、反オリガルヒ法のおかげで、大型ビジネスと国家の間に文明的で清い関係を築き上げる歴史的チャンスを手にする。そう、それは多くの政治家が気に入らないことだ。彼らは、これまで通り、オリガルヒのために働きながら生活したいと思っている。議員たちに対して非常に大きな圧力がかけられ、非常に多くの陰謀が企てられ、脅迫すらあった。しかし、その法律は採択されたのだ」と書き込んだ。

大統領はまた、ウクライナ憲法は国家権力が立法・行政・司法の三権分立のもとに実現されることを定めていることを喚起しつつ、しかしながら、実際にはウクライナでは長年にわたり、4つ目の権力として、「立法、行政、司法よりも自分たちの方が重要だと思う人々の集まり」である「オリガルヒ」が存在してきたと指摘した。

そして、大統領は、「ウクライナ人なら誰でも、彼ら(オリガルヒ)が誰なのか、何という名前なのか知っている。誰もが、オリガルヒが政治的影響力を買収していること、自らの利益のために政治家を利用していることを知っている。国家は、これまで一度もそれを無視する権利を持たなかったのだ。2000年代も、2010年代も、現在も」と発言した。

大統領はその上で、今回の与党「人民奉仕者党」229名の議員、議会全体では279名の議員が同法案に賛成したことにつき謝意を伝えた。

大統領は、「国家権力におけるオリガルヒ勢力は、ウクライナから消えてなくなる。立法、行政、司法は残る。オリガルヒたちにとっての道は一つだけ、清いビジネスのみとなる」と強調した。

これに先立ち、23日、大富豪(オリガルヒ)を定義し、その脅威への対策を取る法案「社会生活において著しい経済的あるいは政治的重みを持つ人物(オリガルヒ)の過剰な影響と関係する国家安全保障への脅威防止」法案(第5599)を第二読解にて賛成多数で採択していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-