ポーランド大使、ウクライナ政権に「中欧大使グループ」を提案

ポーランド大使、ウクライナ政権に「中欧大使グループ」を提案

ウクルインフォルム
バルトシュ・ツィホツィキ駐ウクライナ・ポーランド大使は、ウクライナ政権に対して、リトアニア、ラトビア、エストニア、ポーランド、チェコ、ハンガリー、スロバキア、ルーマニアの国々(CE8)の大使との協議を始めるべきだと提案している。

15日、キーウ(キエフ)で開催された第1回ウクライナ中欧フォーラムの際にツィホツキ・ポーランド大使が発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

大使は、「G7大使フォーマットがあり(編集注:G7大使ウクライナ・サポート・グループのこと)、それは非常に良いことだ。彼らは、ウクライナの改革のために非常に多くのことを行っている。そこでキーウのバルト、V4の国々とルーマニアの大使からなるもう一つの外交フォーマット、CE8についても考えられよう」と発言した。

大使はまた、ウクライナの政治家に対して、「G7の大使だけではなく、CE8の大使とも会うことを勧める。もしかしたら、その協議フォーマットは拡大して、オーストリアも含み得るかもしれない」と発言した。

さらに大使は、国際情勢は良い方に向かっていないと述べ、「ジュネーブでの米露大統領会談、米独の(ガスパイプライン)ノルド・ストリーム2に関する声明とその完成、さらにはアフガニスタンで起きたこと、ベラルーシ情勢のことだ」と指摘した。

その上で大使は、「私たちの見方では、この悪いダイナミズムは私たちを団結させねばならず、地域が強固にまとまらなければならないと思っている。(中略)私たちの地域の国々は、この悪いダイナミズムの犠牲者であり、私たちはこの挑戦と脅威に共通の回答を見つけなければならない」と発言した。

大使はまた、ウクライナとポーランドは情勢を良く理解しているとし、例として両国外相が7月末に発表したノルド・ストリーム2の利用開始の被害に関する共同声明や、8月23日のクリミア・プラットフォーム首脳会談におけるドゥダ・ポーランド大統領の強力な声明、9月9日のポーランド・ウクライナ両国首相の会談を挙げた。

大使は、「私たちは共に、ウクライナを通じたガス輸送に関する真の保証を期待している。私たちは皆、ノルド・ストリーム2が安全保障分野の不足を生み出すことを理解している。(中略)同時に、私たちを政治的連帯へと向かわせるのだ」と強調した。

これに先立ち、7月22日、ウクライナとポーランドは、独露間ガスパイプライン「ノルド・ストリーム2」はウクライナや中欧全体に対する政治、軍事、エネルギー面の脅威を生み出すものであり、7月21日に発表された米国とドイツによる「ノルド・ストリーム2」に関する合意は、同パイプライン停止の試みを止めるものだとして批判していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-