ドンバス協議でウクライナが自らのレッドラインを越えることはない=クレーバ外相

ドンバス協議でウクライナが自らのレッドラインを越えることはない=クレーバ外相

ウクルインフォルム
クレーバ外相は、ウクライナは自らのレッドラインを越えない範囲でミンスク諸合意を履行していく。

10日、クレーバ外相が政治討論番組「サヴィク・シュステルの表現の自由」出演時に発言した。

外相は、「ミンスク諸合意は、ウクライナが自らのレッドラインを越えない範囲でのみ、履行することが可能だ。それが大統領の原則的立場であり、私たちはそこに立っている」と発言した。

外相はまた、過去7年間、ロシアはウクライナを行き止まりに追いやったり、国益を諦めさせたりすることに失敗したのだと指摘した。

さらに外相は、ウクライナ領占領問題において、米国をロシアとの対話に加えることが不可欠だとの見方を示した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-