ウクライナが加盟しなければNATO・EUは弱くなる=ゼレンシキー大統領

ウクライナが加盟しなければNATO・EUは弱くなる=ゼレンシキー大統領

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は、ウクライナは北大西洋条約機構(NATO)への加盟の準備があると指摘しつつ、ウクライナが加盟しなければNATOは失われ、EUは弱体化するだろうと発言した。

ゼレンシキー大統領が10日、「ヤルタ欧州戦略会議(YES)ブレインストーミング」登壇時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ゼレンシキー大統領は、「私たちは、私たちはNATOに必要であり、ウクライナ抜きではEUは強くなれないと話している。私は、それをオープンに米国大統領とも話している。私は、ウクライナ抜きではNATOは失われてしまうと思っている。私は、ウクライナ抜きでは、EUは少し弱体化するだろうと思っている」と発言した。

大統領はまた、大統領就任から2年間で各国の軍を見てきたとしつつ、ウクライナ軍は世界でも強い軍の部類だと強調した。

その上で、大統領は、「私たちは、私たちの軍のレベル、専門家のレベルからして、NATO加盟の準備がある。私たちが実施している改革は、何よりも私たちに必要なものであり、誰か他の者、NATOやEUに必要なのではない。私たち、ウクライナの人々にとって必要なものなのだ。改革は、人々の生活を楽にし、国の経済を強くするための可能性を与えるために必要なのだ」と発言した。

その他大統領は、現在のEU加盟国の全ての首脳が、「そこ(EU内)にいたいと思っているわけではないし、皆がウクライナをそこに見ているわけではない(編集注:加盟を望んでいるわけではないの意)」と述べつつ、同様のことがNATOに関しても言えると発言した。

その上で、ゼレンシキー大統領は、「ロシアを強くしたいなら、ウクライナを受け入れなければ良い。これは、ロシアとのカウンターバランスの話ではない。(中略)EUを強固なままにし、NATOを主体的存在のままにしたいのであれば、ウクライナのような、欧州の領土が大きく、複数の戦争を経験した人々のいる国を招待すべきだ」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-