ウクライナ情報機関、露治安機関による「クリミアのウクライナの諜報員」発表にコメント

ウクライナ情報機関、露治安機関による「クリミアのウクライナの諜報員」発表にコメント

ウクルインフォルム
ウクライナ対外情報庁は、ロシア連邦保安庁(FSB)がクリミアの住民を拘束し、あたかも「ウクライナ特殊機関の諜報員」だと発表したことにつき、クリミア占領の周年を「祝う」ために行なっていることだとコメントした。

16日、対外情報庁がフェイスブック・アカウントにて発表した

発表には、「ロシア連邦保安庁(FSB)による、被占領下クリミア自治共和国領内にて、あたかもウクライナ特殊機関の諜報活動を暴いたかのような発表は、3月17日に国連安保理にてロシアが主導するクリミア問題を議題とする非公式会合の開催の背景作りのために行われている」と書かれている。

さらに同庁は、クリミア占領周年におけるそのようなプロパガンダ行動は、半島内の多くの問題から住民の注意をそらすための都合の良い口実であると指摘した。

加えて発表には、「現段階において、ロシアは、ウクライナ東部情勢解決プロセスにおける責任をウクライナ側に転嫁したり、クリミアの平和的再統合を目的とする『クリミア・プラットフォーム』イニシアティブの信頼失墜を試みたりと、目的を持って状況をあおっている」と強調されている。

これに先立ち、露FSBは、被占領下クリミアにおいて、ウラディスラウ・イェシペンコ氏があたかも「ウクライナ特殊機関の利益に従って情報を集めていた」として、同氏を拘束したと発表していた。

FSBは、イェシペンコ氏がクリミアにて人の集まる場所の写真や動画を撮るなどしていたとし、同氏の車両を調べたら、「見た目からして自作爆発物」である物体を摘発したなどと発表していた。

写真:ハルキウ人権保護グループ


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-