ゼレンシキー大統領、TV局制裁発動につき安保会議と保安庁の対応に謝意表明

ゼレンシキー大統領、TV局制裁発動につき安保会議と保安庁の対応に謝意表明

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は、国家安全保障国防会議(NSDC)のタラス・コザーク氏と同氏所有の複数TV局への制裁発動の決定は、合議で採択された法的動機を有すものであるとし、また具体的な根拠が得られ、それにつき議論が行われてから採択されたものだと指摘した。

3日、ゼレンシキー大統領がフェイスブック・アカウントに書き込んだ

大統領は、「合議かつ法的に動機のある対個人・法人制裁決定は、そのための具体的証拠が確認され、議論されてからすぐに採択された。NSDCメンバーの責任ある迅速な対応に感謝している」と発言した。

大統領はまた、NSDCの今回の決定の必要性に関する理解と支持につき、市民社会の代表者たちに謝意を表明した。大統領は、「あからさまで印象操作的なプロパガンダは、社会による断固とした反応を得なければならない。保安庁の仕事にも別途感謝している。ウクライナの国家安全保障へのあらゆる脅威に効果的で合法的な対応がなされることには、一切の疑いがない」と強調した。

Колегіальне та юридично вмотивоване рішення про санкції щодо фізичної та юридичних осіб ухвалено одразу після того, як...

Опубліковано Володимиром Зеленським Середа, 3 лютого 2021 р.

これに先立ち、2日、ゼレンシキー大統領は、NSDCの2月2日付決定を発効させる形で、ロシア連邦のプーチン大統領の宗教上の親族であるヴィクトル・メドヴェチューク最高会議議員に近いタラス・コザーク同議員と、コザーク議員所有のテレビ局である112ウクライナ局、ニューズワン局、ジク局に制裁を科していた

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-