ゼレンシキー大統領、サンドゥ・モルドバ大統領と会談

ゼレンシキー大統領、サンドゥ・モルドバ大統領と会談

写真・動画
ウクルインフォルム
12日、サンドゥ・モルドバ新大統領は、自身の大統領としての初の外遊先としてキーウ(キエフ)を訪問し、ゼレンシキー大統領と会談した。

サンドゥ・モルドバ大統領とゼレンシキー大統領が会談後共同オンライン会見を行った。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

サンドゥ大統領は冒頭部分にて、ウクライナ語にて、モルドバ大統領となって最初の外遊としてキーウを訪問できたことを大変嬉しく思うと発言した。

大統領は、「ここ数年、首脳レベルのモルドバ・ウクライナ間対話は、実質的に止まっていた。私は、ウクライナがモルドバにとっての戦略的パートナーであり、ウクライナとの恒常的かつプラグマティックな協力を維持することは、モルドバにとっても大統領にとっても重要な課題であることを認める」と発言した。

サンドゥ大統領は、ゼレンシキー大統領との協議の際に安全保障問題について詳細に議論したと発言した。

サンドゥ大統領は、「私たちは、国内安全保障と地域安全保障に影響を与える挑戦と脅威に注意を向けた。ウクライナとモルドバの安定と安全は、両国にとって極めて重要だ」と述べ、両首脳が平和的な紛争解決の支持、互いの国の主権と領土一体性の尊重を再確認したとし、「もう一度強調したいが、モルドバは、ウクライナの領土一体性と主権を断固かつ無条件に支持している」と発言した。

またサンドゥ大統領は、ゼレンシキー大統領にモルドバを公式訪問するよう招待したと発言した。

ゼレンシキー大統領は、両首脳が二国間の課題解決を目的とする大統領評議会を設置することで合意したと発表した。

ゼレンシキー大統領は、「私たちは、大統領評議会を作ることで合意した。そこで、私たちは、戦略を形成し、二国間議題の課題を解決するための行動調整を行っていく」と発言した。

またゼレンシキー大統領は、共同の経済優先課題は、エネルギー、インフラ、交通、輸送であると指摘した。

ゼレンシキー大統領はその他、ウクライナのトランスニストリアに関する立場は不変であると発言した。大統領は、「私たちは今日、モルドバ領トランスニストリア地域の情勢について議論し、トランスニストリアについての今後の私たちの行動、とりわけ、5+2フォーマットにおけるウクライナの役割に関して意見を交換した。今一度強調したいが、ウクライナのトランスニストリア情勢解決に関する立場は不変である。すなわち、私たちは、モルドバの国際的に認められた国境内での主権と領土一体性を堅固に支持している」と強調した。

また会見に先立ち、両大統領による、共同声明など複数の二国間文書の署名式が行われた。

加えて、ゼレンシキー大統領は、サンドゥ大統領との会談につき、ツイッター・アカウントにて、「キーウにてマイア・サンドゥ氏を歓迎する。これは、ウクライナ・モルドバの新しい関係の始まりだ。共通の価値と、欧州議題における共通の立場が私たちを団結させている。私たちは、モルドバ大統領が、ウクライナの主権と領土一体性を支持していること、クリミアをウクライナ領と呼ぶことを恐れていないことにつき、感謝している」と書き込んだ。

なお、マイア・サンドゥ氏は、2020年11月15日のモルドバ大統領選挙にて勝利し、12月24日に同国大統領に就任していた。

写真・動画:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-