内閣、外国籍者のウクライナ入国制限を改定 トランジット目的の入国を一時的に禁止

内閣、外国籍者のウクライナ入国制限を改定 トランジット目的の入国を一時的に禁止

ウクルインフォルム
閣僚会議(内閣)は9日、外国籍者を対象とする現在のウクライナへの入国制限措置の内容を改定した。これにより、同措置実施期間中は、トランジット目的のウクライナへの入国が禁止される。

9日、内務省がフェイスブック・アカウントにて閣議決定の内容を発表した

発表には、「トランジット目的の外国籍者によるウクライナ入国を可能としている規範が無効化される」と書かれている。

その他の変更点としては、ウクライナ国籍者の配偶者、子、親、祖父母は、入国禁止対象外となると書かれている。

その他、学業目的でのウクライナ入国は、高等教育機関での学習の場合に限定されることに変更されたとのこと。

これに先立ち、8月26日、閣僚会議は、新型コロナウイルス感染(CODIV-19)拡大を受け、9月28日までの外国籍者のウクライナ入国を制限する決定を採択していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-