サーカシヴィリ氏、ジョージアへの帰還に言及=報道

サーカシヴィリ氏、ジョージアへの帰還に言及=報道

ウクルインフォルム
ミヘイル・サーカシヴィリ改革執行委員長(元ジョージア大統領)は、祖国であるジョージアに帰る意向を表明した。

ジョージア・オンラインが報じた

報道によれば、サーカシヴィリ氏はウクライナに謝意を伝え、同国を「二つ目の家」と述べたとのこと。

その際、サーカシヴィリ氏は、「ウクライナは、私の二つ目の家だ。当時私は私の主要な家である素敵なジョージアからやってきた。私はウクライナを学生時代から常に愛していたし、最も困難な時にウクライナは私を、無条件にありのままに受け入れてくれた。私はそれをとても評価している」と発言した。

サーカシヴィリ氏はまた、ジョージア国民に対して自身の過ちについて謝罪した。

同氏は、「過ちはもちろんあった。とても深刻な過ちがあった。しかし、私は、自らの民のための改善を望んだのだ。私は、自らの民がはるかに良く、豊かに暮らせることを望んだのだ」と述べ、「私は皆に公の場で謝りたい。そして同時に、ジョージアの民に感謝している」と発言した。

その上でサーカシヴィリ氏は、自身はジョージアに戻ると発言した。

同氏は、「この7年間ずっと、ジョージアのニュースに関心のない日はなかった。私は、自分の大統領としての仕事が無駄でなかったと確信しているし、私たちが作り出したものの多くが今も維持され、機能している。同時に、私はジョージアからのニュースを聞くと、私たちはもっと素晴らしい生活が送れるのに、ジョージア人は豊かになれるのにと思う。私たちはともにそうすることができる。私は戻る!」と発言した。

これに先立ち、5月7日、ゼレンシキー大統領は、サーカシヴィリ氏を改革執行委員長に任命していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-