【シュタインマイヤー・フォーミュラ】クチマ協議グループ宇代表署名入りの同意書簡公開

【シュタインマイヤー・フォーミュラ】クチマ協議グループ宇代表署名入りの同意書簡公開

ウクルインフォルム
いわゆる「シュタインマイヤー・フォーミュラ」と呼ばれる、ドンバス地方選挙と同地特別地位導入のタイミングについて書かれた文書に、ウクライナ側が同意する署名の入った書簡が公開された。

同書簡は、マーティン・サイディック三者コンタクト・グループ(TCG)欧州安全保障協力機構(OSCE)特別代表宛となっており、署名は、レオニード・クチマTCGウクライナ代表が行っている。2日、クチマ代表の広報官であるダルカ・オリフェル氏がフェイスブック・アカウントにて公開した

書簡に記載されいてる「シュタインマイヤー・フォーミュラ」と呼ばれる文書は、以下の内容となっている。

「この法律は、ドネツィク・ルハンシク両州一部地域繰り上げ地方選挙を規定するウクライナ憲法とウクライナ特別法により定められ、それらにより実施されるドネツィク・ルハンシク両州一部地域における繰り上げ地方選挙の投票日午後8時に発効する。同法は、OSCE民主制度・人権事務所(ODIHR)の確立した慣例を基本とし、繰り上げ地方選挙がOSCEの基準、民主的選挙の国際基準、及び、ノルマンディ・フォーマットで合意され、三者コンタクト・グループにて確定され、ウクライナにより招待状にて、またOSCE現行議長により、ODIHR所長にて送付される問題への対応が含まれたウクライナ国内法に全体として合致していたかを監視する、OSCE/ODIHRによる選挙監視団の総括報告書の発表までは暫定的な効力を持つ。

この法律は、OSCE/ODIHRが総括報告書にて、ODIHRの確立した慣例に合致して、ドネツィク・ルハンシク両州一部地域繰り上げ地方選挙が全体としてOSCE基準と、ノルマンディ・フォーマットで合意され、三者コンタクト・グループにて確定され、ウクライナにより招待状にて、またOSCE現行議長により、ODIHR所長にて送付される問題への対応が含まれたウクライナ国内法に全体として合致していたとの結論が出された場合、恒常的に効力を持つ。」

また、クチマ代表の署名の入った書簡は、サイディックTCG・OSCE特別代表宛となっており、同書簡には、ウクライナ側はこのフォーミュラのテキストを受け入れると書いてある。

なお、これまでの報道にあるように、1日、ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領が、記者会見にて、ウクライナは「シュタインマイヤー・フォーミュラ」のテキストに同意するとの返答をマーティン・サイディックTCG・OSCE特別代表に伝えたと発表した


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-