ドイツ政府、ウクライナ・ロシア首脳の電話会談実施を歓迎

ドイツ政府、ウクライナ・ロシア首脳の電話会談実施を歓迎

ウクルインフォルム
ドイツは、ウクライナとロシアの両大統領が直接対話を行ったことを歓迎している。

12日、ブルゲル独外務省代表が記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

ブルゲル代表は、「私たちは、ウクライナ扮装解決を目的とする直接協議を歓迎していると、これまでも明確に述べてきた。私たちがミンスク諸合意の履行を欲する限り、その署名者たちの直接協議が必要なのだ」とし、「そのため、ドイツは、昨日(11日)、ヴォロディーミル・ゼレンシキー・ウクライナ大統領とウラジーミル・プーチン露大統領の間で電話会談が行われたことを歓迎している。両首脳は、とりわけ『ノルマンディ・フォーマット』(編集注:独仏宇露からなる協議フォーマット)での協議継続について議論した」と発言した。

同代表はまた、ノルマンディ・フォーマットが有益であることを指摘しつつ、同フォーマットの参加国の拡大については、今のところドイツ側にはそのような提案はなされていないと指摘した。同時に、同代表は、ウクライナ東部情勢協議は、米国のパートナーたちと密接なコンタクトの下で行われていると補足した。

加えて、ザイベルト独首相府報道官は、最近、ルハンシク州スタニツャ・ルハンシカにおいて兵力等引き離しが行われたことを歓迎しつつ、この引き離しについてはノルマンディ・フォーマットでも協議されていたものであり、本件は同フォーマットの有効性を示すものだと指摘した。

なお、本日7月12日、パリでは、ノルマンディ・フォーマット参加4国の政治担当首脳補佐官による会合が開催されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-