野党・生活党幹部、モスクワにてメドヴェージェフ露首相と再会談

野党・生活党幹部、モスクワにてメドヴェージェフ露首相と再会談

ウクルインフォルム
10日、野党プラットフォーム・生活党幹部のヴィクトル・メドヴェチューク氏(プーチン露大統領の親族)とユーリー・ボイコ最高会議議員は、ロシアのモスクワを訪問し、ドミトリー・メドヴェージェフ首相と会談した。

ロシアのタス通信が報じた

メドヴェージェフ露首相は、「現在対話が不足していることを考慮すると、私たちは、どんな話題でも話す準備がある」と発言した。

同首相は、前回のウクライナ大統領選挙前に行われた自身と野党・生活党のメドヴェチューク氏とボイコ氏との会談については「非常に生産的であった」と述べ、「私たちは(当時)、ロシアとウクライナ、莫大な数の人々にとって重要な、通常の経済関係、完全な人文対話の復活、喫緊の課題の解決を含むテーマを議論した」と発言した。

同日の会談には、三者コンタクト・グループのロシア代表であるボリス・グリズロフ氏、アレクサンドル・ジュコフ露議会副議長、セルゲイ・ネヴェロフ「統一ロシア」党総評議会書記も出席したとのこと。

さらに、ウクライナ側からは、野党・生活党のヴァディム・ラビノーヴィチ氏とタラス・コザーク氏(112局、NewsOne局、Zik局所有者)も出席したとある。

なお、野党・生活党のメドヴェチューク氏とボイコ議員は、2019年3月22日と6月7日にもロシアを訪問し、メドヴェージェフ露首相とアレクセイ・ミレル・ガスプロム社総裁と会談している。

ウクライナ保安庁(SBU)は、領土一体性侵害と国家反逆罪の容疑の捜査を開始しており、同捜査にて、両名のモスクワ訪問の状況の分析をしている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-