メルケル独首相、プーチン露大統領との会談の内容を説明

メルケル独首相、プーチン露大統領との会談の内容を説明

ウクルインフォルム
ドイツのメルケル首相は、ロシアのプーチン大統領との間で、補佐官同士でケルチ海峡危機について協議することを提案した。

1日、メルケル首相が、ブエノスアイレスでのG20首脳会談後の記者会見で発言した。ドイツ首相府ウェブサイトが伝えた。

メルケル首相は、「もちろん、私たちはアゾフ海情勢についても話した。なぜなら、激化を避ける必要があるからである。私たちは、ノルマンディ・フォーマット、つまり、フランス、ドイツ、ウクライナ、ロシアの補佐官級会合を開催し、その会合でそこ(アゾフ海)で起きていることのプロセスについても協議されなければならないということを提案した」と発言した。

また、同首相は、アゾフ海においてウクライナの沿岸までの自由な航行が保障されなければならないと強調し、そのために2003年の協定があり、ロシアは同協定を遵守しなければならないと指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-