ハンガリー、国籍スキャンダルについて「ウクライナでは二重国籍は犯罪ではない」

ハンガリー、国籍スキャンダルについて「ウクライナでは二重国籍は犯罪ではない」

ウクルインフォルム
ウクライナ国民が他国の国籍を持っていることをウクライナ政府に報告しないことは犯罪ではない。ニューヨークでのハンガリーとウクライナの外相会談の際、クリムキン・ウクライナ外相もそのことを認めた。

メンツェル・タマシュ・ハンガリー外務省報道官が、ハンガリー・ウクライナ間の身分証明書供与スキャンダルにコメントをする形で発言した。9月30日、ハンガリー政府のウェブサイトに掲載された。

メンツェル報道官は、「9月26日、シーヤールトー・ペーテル・ハンガリー外務貿易相は、ニューヨークの第73回国際連合総会の枠内でウクライナの同僚と会談を行った。ウクライナ外相は、会談時、外国の旅券を所有することを禁止する法律は存在しないことを認めた」と指摘した。

同報道官は、ウクライナのザカルパッチャ州ベレホヴェ市のハンガリー総領事館での出来事は、ハンガリー法と国際法に合致しているものであるとし、ウクライナの規範にも反していないと強調した。

加えて、同報道官は、数日前に「ザカルパッチャ州の長官が、ウクライナの議会の少なくとも半分は二重国籍者であり、また、ハンガリー人に対する攻撃は受け入れられないと述べた」ことを喚起した。

これまでの報道にあるように、9月19日、ウクルインフォルムは、ベレホヴェ市のハンガリー総領事館において、ウクライナ国民にハンガリー身分証明書が渡される瞬間を映した動画を公開した。その際、ウクライナ国民は、ハンガリーへの忠誠を声に出して誓わされていた。手続きの最中には、スパークリングワインでの乾杯に、ウクライナ政権側に身分証明書取得を報告しないようにと呼びかける場面が録画されていた。

クリムキン外相は、この件に関して、動画に出てくる国籍証明書を渡しているハンガリー領事はウクライナに滞在し続けることはできないと指摘していた。

9月20日、シーヤールトー・ハンガリー外相は、このスキャンダルの発生の後、ハンガリー側はウクライナの欧州連合(EU)と北大西洋条約機構(NATO)への統合を鈍化させるための方策をとる可能性があると発言した。

なお、ウクライナでは、現在国籍の二重所有は認められておらず、法によれば、誰よりまず公務員とあらゆる議会の議員による所有が許可されていない。

本年4月19日、最高会議(国会)に、ウクライナ国籍法を改正する法案が登録された。提案者は、ポロシェンコ大統領であり、同法案は、とりわけウクライナ国籍剥奪の根拠のリストを拡大することが想定されている。特に、この剥奪の根拠になるものとして提案されているのは、成人がウクライナへ/からの出入国に外国旅券を利用することが国境警備庁あるいはその他の国家機関に確認された場合である。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-