ウクライナ、露軍のミサイル攻撃後に3つの原子力発電所で緊急保守システム稼働

ウクライナ、露軍のミサイル攻撃後に3つの原子力発電所で緊急保守システム稼働

ウクルインフォルム
23日、ロシア軍によるウクライナ各地の電力システムへのミサイル攻撃の結果、周波数の低下から、リウネ原発、南ウクライナ原発、フメリニツィキー原発にて、緊急保守システムが稼働し、これにより全ての原子炉が自動停止した。

原子力企業「エネルホアトム」がテレグラム・チャンネルにて伝えた

発表には、「11月23日、ウクライナの電力系統の周波数低下により、リウネ原発、南ウクライナ原発、フメリニツィキー原発にて、緊急保守システムが稼働し、それにより全ての原子炉が自動的に停止した。現在、原子炉は電力系統への発電を行わないプロジェクトモードで稼働している」と書かれている。

同社は、電力システムの活動が正常化され次第、これらの原発への電力供給は再開されるとし、原発敷地内と周辺の放射線量は変わっておらず、全て規定値内に収まっていると伝えた。

さらに、周波数低下により、ウクライナの電力システムからザポリッジャ原発稼働用電力供給が止まり、同原発は完全に停電したとし、現在ディーゼル発電機で稼働していると書かれている。同敷地内の放射線量は、規定値内だという。

これに先立ち、11月23日、ロシア軍が、再びウクライナの電力インフラを攻撃。キーウ市とキーウ州では死傷者が出ている


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-