ウクライナ国民が自分で必要とする穀物は今年の収穫の4分の1=シュミハリ宇首相

ウクライナ国民が自分で必要とする穀物は今年の収穫の4分の1=シュミハリ宇首相

ウクルインフォルム
ウクライナのシュミハリ首相は25日、今年の収穫は7900万トン以上と予測されており、ウクライナが自ら必要のためにはその内の25%で足り、残りは世界の飢餓克服のために用いられると発言した。

シュミハリ首相が第2回国際サミット「ウクライナからの穀物」の際に発言した。シュミハリ首相がテレグラム・チャンネルで報告した

シュミハリ氏は、「今年のウクライナの収穫予想は、7900万トン以上である。国内需要のためには、25%で足りる。残りは、飢餓の脅威があるところへ向けられている」と発言した。

同氏はまた、ウクライナの農産物輸出は世界の食糧市場における安定要因であり続けていくと強調した。

さらに同氏は、ゼレンシキー大統領の人道イニシアティブ「ウクライナからの穀物」の一環で、エチオピア、ソマリア、ケニアへと17万トンの食料が送られたと伝え、さらに2万5000トンの食料がナイジェリアへのユソウに向けた準備されていると補足した。

なお、25日、キーウにて、第2回国際「ウクライナからの穀物」サミットが開催されていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-