世界最大のウクライナ貨物機「ムリーヤ」2機目は「秘密の場所」で建造中=アントノウ社総裁

世界最大のウクライナ貨物機「ムリーヤ」2機目は「秘密の場所」で建造中=アントノウ社総裁

ウクルインフォルム
航空機メーカー「アントノウ」社のハウリロウ総裁は7日、ロシアが破壊した世界最大の同社輸送機An-225「ムリーヤ」に変わる、新たな飛行機がもうすぐ現れると発言した。

ハウリロウ・アントノウ社総裁がドイツのライプツィヒ/ハレ空港での破壊された「ムリーヤ」の写真展開催時に発言した。独ビルド紙が報じた

ハウリロウ総裁は、「新しい飛行機の作業は秘密の場所で行われている。未完であった2機目のAn-225は、破壊された機からの部品と新しい部品で補完される」と発言した。

また同氏は、建造費は5億ユーロとなると指摘し、「ムリーヤ」が頻繁に訪れていたドイツの空港も、この破壊された巨大飛行機の再建に向けた募金を行うと発言した。同空港にて、「ムリーヤ」を模した土産品が販売されるという。

また、破壊された「ムリーヤ」の写真展は2022年一杯開催されると発表された。

また、写真展に訪れたマケイェウ駐独ウクライナ大使は、ツイッター・アカウントにて、「アントノウ社とライプツィヒ空港の長年の協力の一環で、本日、写真展『光と影 アントノウの歴史』が開かれた」と伝えた

これに先立ち、2022年2月、ロシア軍の対ウクライナ全面侵攻の一環で、キーウ州ホストメリ飛行場への空爆が行われた際に、ウクライナ製世界最大の輸送機An-225「ムリーヤ」が焼失していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-