ウクライナ最大の大富豪、メディアグループの報道ライセンスを国家に返還 対策法受け

ウクライナ最大の大富豪、メディアグループの報道ライセンスを国家に返還 対策法受け

ウクルインフォルム
ウクライナ最大の大富豪(オリガルヒ)として知られるリナト・アフメトフ氏の投資企業「SCM」は11日、報道ビジネスから撤退すると発表した。

SCM社がウェブサイト上にアフメトフ氏の声明を掲載した

アフメトフ氏は、「私は、私たちの投資企業SCMがメディアビジネスから撤退するという、強制された決定を採択した。今週、メディアグループ・ウクライナ(MHU)は、国家に有利な形で、私たちの局の全ての放送・衛星テレビ・ライセンス、私たちのウクライナにおける印刷メディアのライセンスを断念する。私たちは、MHUのオンラインメディアの活動も停止する」と発言した。

また同氏は、この決定は、通称「オリガルヒ法」の発効を受けてのことだと述べた上で、「私は、ウクライナ経済への最大の民間投資家として繰り返し、自分がオリガルヒではないことを述べてきた」と強調した。

さらに同士は、同法が定めるメディア資産売却のための6か月間という短い期間と、ロシアの対ウクライナ侵略により、SCM社がメディアビジネスを市場の条件で売却することを不可能としていると指摘した。

なお、メディアグループ・ウクライナ(MHU)に加わるのは、「ウクライナ」局、「ウクライナ24」局、ニュースサイト「セヴォードニャ」など。

これに先立ち、2021年9月23日、ウクライナ最高会議(国会)は、大富豪(オリガルヒ)を定義し、その脅威への対策を取る「社会生活において著しい経済的あるいは政治的重みを持つ人物(オリガルヒ)の過剰な影響と関係する国家安全保障への脅威防止」法を第二読解にて賛成多数で採択していた

また、2022年6月29日、ゼレンシキー宇大統領は、国家安全保障国防会議(NSDC)による、国内オリガルヒ登録、作成手続き、運用に関する決定を発効させる大統領令に署名していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-