ゼレンシキー宇大統領、新しいオンライン募金支援サイト「ユナイティド24」を発表

ゼレンシキー宇大統領、新しいオンライン募金支援サイト「ユナイティド24」を発表

写真・動画
ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は5日、オンラインで戦時下のウクライナを支援するために、用途を選択可能な募金用ウェブサイト「ユナイティド24」の運用開始を発表した。

ゼレンシキー大統領がツイッター・アカウントで紹介した

ゼレンシキー氏は、「私たちは、グローバルなイニシアティブ『ユナイティド24』を開始する。その初めの部分は、ウクライナ応援のための募金用のオンライン・プラットフォームだ。そして、もうすぐ、これにさらなる別のプロジェクトやプログラムが加わっていく」と伝えた。

さらに同氏は、この募金サイト「ユナイティド24」では、世界中のどんな国からでも「1クリック」で募金ができると指摘した。

「現在、自由世界全体がウクライナの周りで団結している。国家、企業、国際機関、そして何より、人々がまとまっている。そしてその人々の中には、あなたもいる。私たちは、一緒になることでのみ、ロシアが始めた戦争を止め、ロシアが壊したものを再生する力を持つのだ。一緒になることで、私たちは、自由を助け、専制体制に勝利できるのだ」と発言した。

ゼレンシキー氏は、ウェブサイトを通じた募金により、ウクライナ軍人あるいは民間人を支援する、またはウクライナの復興を支援することができると伝えた。募金は直接、ウクライナ中央銀行の関連する省の口座へと送金されるという。募金状況の報告は、24時間ごとに更新される(編集注:「ユナイティド24」の名前の由来)。そして同氏は、「一つ一つの貢献が、勝利のために意味を持つ。募金して欲しい。防衛するために。救うために。復興のために」と呼びかけた。

同氏はまた、「ウクライナは現在、自らの自由のためだけではなく、全民主的世界のために戦っているのだ」とし、「私たちは、あなた方のウクライナの勝利への貢献、自由の勝利への貢献を決して忘れない」と強調した。

今回紹介さっれたウェブサイト「ユナイティド24(UNITED24)」は、トップページにイニシアティブの説明が英語で書かれており、「MAKE A DONATION(募金する)」をクリックすると、次に募金の用途として「DEFENCE AND DEMINING(防衛と地雷除去)」「医療(MEDICAL AID)」「ウクライナの復興(REBUILD UKRAINE)」の3つを選ぶことができるようになっている。その後募金の手段(クレジットカード、銀行送金など)を選び、募金額を確定する(CONFIRM AMOUNT)ことで募金が行えるようになっている。

トップ写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-