マクロン仏大統領、ウクライナへの155ミリ自走砲と対戦車ミサイルの供与を説明

マクロン仏大統領、ウクライナへの155ミリ自走砲と対戦車ミサイルの供与を説明

ウクルインフォルム
マクロン仏大統領は、フランス政府はウクライナ政府に対して、155ミリ口径自走榴弾砲「カエサル」と対戦車ミサイル「ミラン」などを供与していると発言した。

マクロン氏が仏ウェスト・フランス紙へのインタビュー時に発言した

マクロン氏は、「私たちは、『ミラン』から『カエサル』、そして複数種の武器という、かなりの装備を供与している。私は、私たちはこの道を続けるべきだと思っている。戦争に突入しない、というレッドライは常にある」と発言した。

フランスとドイツによるウクライナへの武器供与に関する質問につき、マクロン氏はまた、「私たちは(ショルツ独)首相と同じ戦略を有している。つまり、私たちは、最大限ウクライナの人々を助けなければならないが、しかし、私たちは、共同当事者には決してならないように注意深くあるべきだということだ」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-