ベーアボック独外相、露発エネルギーの輸入を完全に止める意向を発表

ベーアボック独外相、露発エネルギーの輸入を完全に止める意向を発表

ウクルインフォルム
ドイツのベーアボック外相は29日、ロシアのウクライナ侵攻は何百万人の人々を苦しめているだけでなく、それにより欧州はロシアからのエネルギー輸入から完全に独立しなければいけないと理解することになったと発言した。

ベーアボック独外相が独外務省主催の「ベルリン・エネルギー移行対話」フォーラムの際に発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

ベーアボック氏は、「ロシアがウクライナに対して戦争をしている現在、それは21世紀の具体的な安全保障上の利益と地政学についての話である。現在、遅延なくロシア初の化石燃料の輸入から完全に独立することが極めて重要となっている」と発言した。

同氏はまた、ハーベック独経済相による、ドイツは過去数週間ですでに特に石油の輸入を半減させたとの発表に触れ、「私たちは、あらゆる他の分野で輸入を半減させるだけでない。私たちは、ロシアから入ってくる化石燃料を全て断念する」と発言した。

同時に同氏は、ドイツは短期的には天然ガスと石油を他国から輸入し続けるが、同時に、中期的、長期的展望で、再生可能エネルギーへの完全な移行に向けた準備をしていくと発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-