ウクライナ、IMFから第2回トランシュ7億ドルを受け取り

ウクライナ、IMFから第2回トランシュ7億ドルを受け取り

ウクルインフォルム
ウクライナ政府は24日、国際通貨基金(IMF)から、スタンドバイ取り決めによる第2回トランシュ(分割融資)の約6億9900万米ドル(5億SDR(特別引き出し権))を受け取った。

24日、シェウチェンコ中央銀行総裁がフェイスブック・アカウントにて発表した

シェウチェンコ氏は、「今日、ウクライナは、IMFからスタンドバイ取り決めに従い、5億SDR(6億9900万米ドル相当)の第2回トランシュを受け取った。この融資は、ウクライナ中央銀行の政府預金に入り、外貨準備を増すことになる」と伝えた。

これに先立ち、22日、IMF理事会は、ウクライナとのスタンドバイ取り決めのレビューを行い、同取り決めの延長と約7億ドルのトランシュ供与を決定していた。今回のトランシュにより、現在のスタンドバイ取り決めによるIMFからウクライナへの融資総額は、約28億米ドル(20億SDR)となった。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-