ウクライナのエネルギー状況は他の国よりまし=ゼレンシキー大統領

ウクライナのエネルギー状況は他の国よりまし=ゼレンシキー大統領

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は、ウクライナのエネルギーを巡る状況は悲劇的ではなく、多くの他の国と比べればましな状況にあり、住民向け暖房価格は今冬の集中暖房稼働期が終わるまで上げられないと発言した。

10日、大統領が国民向け動画メッセージにて発言した

大統領は、現代の戦争は、これまでの概念を外れ、多くの異なる手段や武器を用いて行われているとし、その内の一つがエネルギーだと指摘した。大統領は、「エネルギーは、銃撃や爆発を伴わずに、大量破壊兵器となることができる」と指摘しつつ、「重要なことは、エネルギー危機は、ウクライナで起きているのではなく、世界中で起きているのだ。言うまでもなく、それは私たちの状況にも影響を及ぼしている。しかし、それは、ヒステリックなメディアが描くほどには、悲劇的では決してないし、多くの国に比べれば、ずっとましなのだ」と発言した。

大統領は、欧州では、天然ガスの料金が過去最大の1000ドルを突破し、その後2000ドルに向けて伸びていると指摘した。同時に、大統領は、ウクライナ国内ではガス料金は290ドルとなっていると強調し、「記録的な価格の上昇、不足、世界的なエネルギー危機が起きているが、ウクライナでは上昇はなく、国民向け暖房価格は2020年水準のままである。20倍にはなっておらず、昨年と同じであり、その価格は暖房期が終わるまで変わらない」と強調した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-