キーウ〜ウジホロド定期航空便再開

キーウ〜ウジホロド定期航空便再開

ウクルインフォルム
2日、西部ウジホロドと首都キーウ(キエフ)を結ぶ航空便が再開された。両都市を結ぶ定期便は、ウクライナのLCC(ローコストキャリア)ウィンドローズ社が週に3回(月水金)実施していく。

ウジホロド国際空港は、同日キーウからの便を再開後初めて受け入れた。

飛行時間は、1時間50分。

今回同便を利用した乗客の大半は、ザカルパッチャ州へ休暇に訪れたキーウ市民であった。利用客の一人で、仕事で同便を利用したアンジェラ・ババジャノヴァさんは、今後はザカルパッチャへの出張は快適となる、これまでは14時間電車で移動しなければならなかったと伝えた。

ウジホロド空港 写真:セルヒー・フダク/ウクルインフォルム

休暇で訪れたヴィクトル・レシチンシキーさんは、観光客が増え、同地のことをもっとよく知るようになるだろうと発言した。

ザカルパッチャ州ムカチェヴォ出身でキーウに暮らすテチャーナ・ポホジナさんは、「これまでは長い道のりでした。自動車であれ電車であれ。それが今回は、2時間の飛行となったのです。すごい時間の節約ですし、値段もそれほど高くありませんでした。私は航空券を前もって買っていたのですが、1118フリヴニャでした。電車の切符なら、600フリヴニャ以上です。これからはもっと頻繁に実家に戻るつもりです」と発言した。

なお、ウジホロド〜キーウ間の航空便は2016年に停止されており、その後2019年に半年間だけモトール・シーチ社の便があったのを例外に、定期便はなくなっていた。定期便停止の理由の一つは、ウクライナ・スロバキア間の強雨通航空空間利用協定の失効であったところ、同協定は2020年9月に改めて署名されていた。

ウジホロド空港総裁のオレフ・カツュバ氏は、同便の航空券の価格は約1500フリヴニャとなると発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-