大富豪たちは国家に対する態度を変える準備がある=ゼレンシキー大統領

大富豪たちは国家に対する態度を変える準備がある=ゼレンシキー大統領

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は、ウクライナの大富豪(オリガルヒ)たちはウクライナ国家への態度を変える準備があり、またビジネスの独占はなくなるべきだとの考えを示した。

13日、ゼレンシキー大統領がキーウ(キエフ)で開催されているヤルタ欧州戦略会議(YES)の際に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

大統領は、「私たちの国の大きなビジネス、別名『オリガルヒ』に関してだが、彼らは、確かに単なる一つの製造業をコントロールしているのではなく、複数の分野そのものをコントロールしている。そこで、私たちは、当たり前のルールを提案した。それは、今後ウクライナでは独占する者は存在してはならない、というものだ…。私は、彼ら(オリガルヒ)自身、既に自らの態度を変える容易があるのだと思っている。自らのメンタリティを、だ」と発言した。

大統領は、ウクライナには開かれた市場がなければならないと述べた。また、大統領は、オリガルヒたちとの会話は難しいと述べ、しかし、オリガルヒも政権の意見を聞くであろうとし、「もし聞かないなら、彼らと話すための別の手段を見つけざるを得なくなる」と発言した。

大統領は、「この国は、オリガルヒたちに非常に多くのものを与えた。時間、大金、可能性。しばしば、国家から資金を持ち出す機会もだ。もしウクライナが破綻してしまったら、皆が国外に逃げてしまったら、彼らの大きなビジネス、工場、独占的分野はどうなるのか、彼らは何のためにビジネスをここで所有する意味があるのか。誰が工場で働くのか。彼らはそれを理解していると思う。私は、彼らは既に、自らのメンタリティを変えつつあると思っている」と発言した。

大統領は、政権は反独占委員会を刷新しようとしており、既に副委員長を交代させたと述べ、「反独占委員会の委員長がどのように活動するか、見てみようではないか」と発言した。

写真:YES © 2019、セルヒー・イリン、オレクサンドル・インディチー、オレクサンドル・ピリュヒン


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-