キーウ市区行政裁判所、プリヴァト銀行の国有化を違法と判決 中央銀行は控訴へ

キーウ市区行政裁判所、プリヴァト銀行の国有化を違法と判決 中央銀行は控訴へ

ウクルインフォルム
キーウ市区行政裁判所は、大富豪(オリガルヒ)のイーホル・コロモイシキー氏の中央銀行、閣僚会議等を相手とした訴状内容を認め、プリヴァト銀行の国有化を違法とする判決を下した。

18日、キーウ市区行政裁判所広報室が発表した

発表には、「キーウ市区行政裁判所は、イーホル・コロモイシキー氏の中央銀行、閣僚会議、個人預金保証基金、国家有価証券・証券市場委員会に対する訴訟案件を審議し、その結果、公開会社『プリヴァト銀行』の国有化を行った責任者の決定が違法であることを認め、国家による銀行株式売買合意を無効と認めた」と書かれている。

また、本件の審議は、2017年6月から続いていたと書かれている。

同裁判所は、今回の決定の根拠として、プリヴァト銀行を国有化することに繋がった同銀行を債務超過カテゴリーに分類するための法で定められた根拠の存在が、責任者によって十分に提示されておらず、また銀行国有化手続きに違反があったことを挙げている。

同日、ウクライナ中央銀行は、今回のキーウ市区行政裁判所の判決を受けて、控訴するつもりであると発表した。同銀行の公式ウェブサイトにコメントが掲載された。

発表には、「ウクライナ中央銀行は、キーウ市区行政裁判所による債務超過していたプリヴァト銀行を国家の介入により国有化する決定を違法とし、無効化するとの判決に同意せず、同決定に対する控訴を準備している」と書かれている。

プリヴァト銀行の国有化は、2016年12月に、ウクライナ中央銀行とプリヴァト銀行の株主によってウクライナ政府に提案されたもの。その際のプリヴァト銀行の最大の株主は、イーホル・コロモイシキー氏と富豪ヘンナジー・ボホリュボウ氏であった。ウクライナ政府は、提案を受けて、プリヴァト銀行を国有化し、そのプロセスに計1550億フリヴニャ以上を拠出していた。

2018年9月、キーウ(キエフ)区行政裁判所は、プリヴァト銀行が支払能力を失っているとする中央銀行の評価を合法的だと認めていた。

なお、本年4月、コロモイシキー氏は、記者から、プリヴァト銀行国有化に関する補償を求めるつもりかと問われたに対し、「私は、プリヴァト銀行は要らない。しかし、同銀行には20億の資産があったのだ。それを返させれば、問題はない」と発言している


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-