宇政府、「影の就労」削減計画を採択

宇政府、「影の就労」削減計画を採択

ウクルインフォルム
閣僚会議(政府)は、国民の就労に関し、非公式就労を減らすための方策に関する決定を採択した。

同決定は、閣僚会議会合で採択された。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

この採択の前に、フロイスマン首相は、「これは、影の就労(非公式就労)に関するものである。企業には、何十、何百と、正式に雇用されていない人々が働いている。経営者は、これらの労働者から、将来年金を受け取る権利や、合法的な仕事に就く権利を奪ってしまっている…。この決定は、次のことを定めるものである。私たちは、今後一か月、違法就労でどれほど多くの罰金を支払わなければならないかを周知する。一か月後の10月には、私たちは、労働者保護法の規範の適用を始める」と発言した。

フロイスマン首相は、何千という人々の問い合わせを受け取っており、彼らは経営者が労働者を尊重しておらず、正式な雇用のための手続きをしようとしないと述べていると指摘した。

また、フロイスマン首相は、マスメディアに対して、ウクライナの違法就労問題を報じてくれたことにつき感謝を述べた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-