NATOはウクライナとサイバー協力強化協定に署名する=NATO事務総長

NATOはウクライナとサイバー協力強化協定に署名する=NATO事務総長

ウクルインフォルム
13、14日にウクライナの国家機関を対象としたサイバー攻撃が起きたことを受け、北大西洋条約機構(NATO)は、サイバー防衛システムの強化を行う。

14日、ストルテンベルグNATO事務総長が発言した。NATO広報室が伝えた。

ストルテンベルグ氏は、「私は、ウクライナ政府へのサイバー攻撃を断固として非難する。NATOは、ウクライナのサイバーセキュリティのために同国と何年も緊密に協力してきた。ブリュッセルのNATOのサイバー防衛専門家は、ウクライナ側と現在の悪意あるサイバー行動について情報交換を行った。NATOの専門家は、現場でもウクライナ政権を支えている」と発言した。

同氏は、NATOとウクライナは数日以内にサイバー分野の協力強化に関する協定に署名すると伝えた。同協定により、有害なプログラムやサイバー行動についての情報交換の行えるNATOのプラットフォームへウクライナを加えることができるようになるという。

同氏はまた、「NATOは、ウクライナへの強力な政治的・実践的サポートを続けていく」と発言した。

これに先立ち、14日朝、夜間にウクライナの複数政府系サイトがハッカーによるサイバー攻撃を受け、サイト上の情報が閲覧できない状態となっていることが発表されていた。フェドロウ副首相兼デジタル移行相は、ウクライナ国民のデータは被害を受けていないと伝えている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-