ジョージア外務省、ラヴロフ露外相の発言に反論 「国民の80%がNATO・EU加盟を支持」

ジョージア外務省、ラヴロフ露外相の発言に反論 「国民の80%がNATO・EU加盟を支持」

ウクルインフォルム
ジョージア外務省は、ロシア連邦のラヴロフ外相の発言を否定し、同国国民の80%が欧州連合(EU)と北大西洋条約機構(NATO)への加盟を支持しているとコメントした。

ダルサリア・ジョージア外務次官がラヴロフ露外相の発言にコメントした。ニュースサイト「ジョージア・オンライン」が伝えた

ラヴロフ露外相が、「ジョージアの民の多くの意思に反して、同国をNATOに強引に引き込もうとする」試みがあると発言しつつ、ロシアは、NATOの更なる拡大を自国にとっての「レッドライン」を越える行為だとみなしていくと主張していた。

これに対して、ダルサリア・ジョージア外務次官は、「NATOとEUへの加盟のアイデアに国中で大きな支持があることは、あなたも知っているだろう。その支持は、80%以上である。つまり、ジョージア社会にはその件につきすでにコンセンサスがあるのだ。民主的国家としてのジョージアは、自らをその空間の一部とみなしており、それは何よりも、ジョージアにとって価値の問題であるのだ」と発言した。

同氏はまた、「21世紀において、いわゆる影響圏や、複数の国の排他的空間といったものについての話は、全く受け入れられない。それは、国際システムの不安定化をもたらすものであり、世界秩序を弱体化するものだ」と指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-