NATO事務総長、ウクライナの将来のNATO加盟に関する決定の有効性を再確認

NATO事務総長、ウクライナの将来のNATO加盟に関する決定の有効性を再確認

ウクルインフォルム
ストルテンベルグ北大西洋条約機構(NATO)事務総長は、ウクライナが将来NATOに加盟するという2008年のNATO加盟国の決定の有効性を改めて確認し、ロシアにはそれを拒否する権利はないと強調した。

11月30日、ストルテンベルグNATO事務総長が外相理事会初日会合後の記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

ストルテンベルグ氏は、「私たちは、ウクライナの加盟に関して私たちが下した決定を維持している。私は、私たちがその決定を初めて発表した(2008年の)ブカレストNATO首脳会談に出席していた。私たちは、ウクライナの加盟への道、欧州大西洋統合への道、改革実施、汚職との闘い、安全保障・国防機構近代化の道を支持しているのだ」と発言した。

同氏はまた、NATO加盟のためには、その国がNATO基準に適合する必要があるとし、さらにNATO拡大は全30の加盟国によるコンセンサスで決定するものだと喚起した。

同氏は、「政治的なメッセージは、ロシアにはそのプロセスに関与する権利は一切ない、というものだ。ウクライナは独立した主権国家であり、いかなる独立した主権国家も、自らの道を選択する権利を有しているのであり、それには安全保障機構の選択も含まれる。つまり、それはいつウクライナがNATO加盟の準備ができたかを判断する、ウクライナと30の同盟国のみの問題なのだ」と強調した。

なお、11月30日から12月1日にかけて、リガにてNATO外相理事会が開催されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-