カナダ政府、ウクライナへの軍事支援増加を検討

カナダ政府、ウクライナへの軍事支援増加を検討

ウクルインフォルム
10月に任命されたアニタ・アナンド・カナダ国防相は、ウクライナへのカナダ軍人数百名の派遣や黒海への軍艦派遣、あるいは現在ルーマニアに駐留する戦闘機CF-18の一部の移動の可能性を検討している。

カナダのグローブ・アンド・メール紙が報じた

報道には、ウクライナへの追加的に部隊を展開する決定はまだ採択されていないと書かれている。

カナダ国防省のジュリー・マクドナルド報道官は、「現時点では現状が維持されている。私たちの立場に変更は一切起きていない」としつつ、「私たちは、同盟国とともに状況を注意深くフォローしている」と発言した。

現在、ウクライナ領には、約200名のカナダの指導官が駐留しており、訓練ミッション「UNIFER」を通じてウクライナ軍人の訓練を行っている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-