ウクライナ国防省、露軍侵攻脅威につき「ウクライナは2014年から準備体制」

ウクライナ国防省、露軍侵攻脅威につき「ウクライナは2014年から準備体制」

ウクルインフォルム
ウクライナ国防省は、2014年以降のロシアによる軍事侵略の8年間、ウクライナの国境付近では様々な部隊集結があったとし、それによりウクライナは撃退に向けて常に準備しておかなければならないのだと指摘した。

ハンナ・マリャール国防次官が24局にコメントした。23日、国防省広報室が伝えた

記者が、ウクライナ国境沿いのロシア軍の集結と侵攻可能性に関する情報で社会に不安が生じていると述べると、マリャール氏は、「ロシアは常に、ウクライナを屈服させたがっており、私たちを衛生国家にして、絶対的な影響下へ戻したいと思っている。その脅威は常に維持されており、その集中度は様々である。国境付近のロシア軍の動きも同様だ。その集中度は様々であり、国境沿いでは集結や動きがあり、部隊数は増えたり減ったりしている。そのため、私たちは、それを撃退するために、常に準備しておかなければならないのだ」とコメントした。

マリャール氏は、国防省が有している情報は、ウクライナ国防省情報総局が提供しているものだと述べ、情報総局のキリル・ブダーノウ局長が最近発表したウクライナ国境沿いにおける今年12月〜来年1月のロシア連邦による不安定化工作に関する情報は、西側のパートナー国によっても確認されていると発言した。

これに先立ち、21日、ブダーノウ情報総局局長は、ミリタリータイムズとのインタビューにて、ロシアはウクライナとの国境沿いに9万2000名以上の兵力を集結させているとし、侵攻の可能性は排除しておらず、侵攻は来年1月末から2月上旬に始まり得ると発言していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-