ウクライナ軍の攻撃型無人機使用についての親露メディアの偽情報

ウクライナ軍の攻撃型無人機使用についての親露メディアの偽情報

ウクルインフォルム
ウクライナの事実確認(ファクトチェック)団体「VoxCheck」は、10月25日から31日にかけて、ウクライナ国内の親露報道機関による印象操作報道のファクトチェックを行った。

執筆:ミロスラヴァ・マルコヴァ(VoxCheck調査員)、戦略コミュニケーション・情報安全保障センター

その週、親露ニュースサイトは、ドンバス地方でウクライナ政府が挑発を行い、意図的に情勢を激化しようとしているとして、政府を非難しようとしていた。具体的には、ウクライナ軍人が敵の攻撃を受けて1名死亡、それへの反撃としてウクライナ軍が無人機「バイラクタル」を初めて実戦で使用したことを非難している。また、親露メディアは、第二次世界大戦中のウクライナ領からのナチス占領軍追放記念日に際して、ソ連歴史ナラティブの生み出した印象操作や「現代ウクライナにおけるファシズム」といったテーマを拡散していた。

VoxCheckは、ウクライナの情報空間にロシアのナラティブがどのように入り込んでいるのかにつき、戦略コミュニケーションセンターとの共同プロジェクトの一環で調査している。


実際に起きた事:10月26日、ウクライナ統一部隊作戦本部は、ロシア占領軍からドネツィク州フラニトネ周辺で攻撃を受けたと報告。砲撃は、ミンスク諸合意が禁止する122ミリ口径榴弾砲を用いて行われ、民間施設やウクライナ軍配置地点が砲撃の対象となった。その結果、ウクライナ軍人1名が死亡、1名が負傷している。そして、翌27日、フラニトネに対してさらに2回砲撃が行われた。さらに、フラニトネ周辺では、ロシア占領軍は無人機を使って爆発物を投下した

これを受け、ウクライナ軍司令部は、無人機「バイラクタルTB2」の使用を決定。ウクライナ軍は、フラニトネの砲撃に用いられてきた榴弾砲D-30を1台破壊した。ウクライナ軍参謀本部は、今回の無人機使用は、外交的手段が機能しなかったことが判明してから行ったとコメント、ロシア占領軍がウクライナ軍による軍配置地点への砲撃を停止せよとの要求に対応しなかったからだと説明した。またその際、ウクライナ軍は、MAM-Cという攻撃力の最も低いマイクロ弾薬を使用。それによりロシア占領軍軍人は生存しており、着弾地点から逃れることができている。

偽情報:「ウクライナが最初に停戦を破って、バイラクタルを使用した」

親露メディアは、バイラクタルの使用は2020年7月に三者コンタクト・グループ(TCG)で締結された停戦合意の条件に違反するものだと報じた。

例えば、ウクライナの親露メディア「ストラナ」は、「昨年7月の停戦合意により、双方とも無人機の利用が禁止されていることを喚起する。にもかかわらず、ウクライナ側は今回、公式にその使用を認めたのだ」と報じた。

双方による無人機の使用禁止は確かにある。第1条が「あらゆる航空機の使用を禁止する」と定めているのだ。しかし、そこには同時に、「狙撃を含むあらゆる武器の使用」の禁止も書かれているのだが、その項目は武装集団により恒常的に違反されている。

「バイラクタル」は、最終手段として使用されている。武装集団は、ウクライナ側は通常の対応メカニズムとして、欧州安全保障協力機構(OSCE)ウクライナ特別監視団(SMM)を通じた停戦要求を提示した後も攻撃を止めなかった。加えて、2020年7月の停戦条件に従えば、対応メカニズムの利用の試みがうまくいかなかった場合には、反撃が認められている

さらに、「ストラナ」は、最初に無人機を使ったのが占領軍側であるという重要な事実を無視している。TCGウクライナ側代表団に加わるセルヒー・ハルマシュ氏は、ドンバス地方ではロシア製無人機「オルラン10」がずっと前から使用されていることを伝えている。

無人機「オルラン10」
無人機「オルラン10」

加えて、ウクライナ側はミンスク諸合意に違反したわけではない。バイラクタルは、衝突ラインを越えたのではなく、誘導ミサイルで榴弾砲で破壊しただけだからだ。

偽情報:「バイラクタルの使用は、ウクライナ側による攻撃であり、挑発行為だ」

親露メディアは、あたかもウクライナが情勢激化のためにドンバス地方にて意図的に挑発を行っているとし、バイラクタルの使用は、防衛ではなく、攻撃であると主張した。

親露メディア「ストラナ」は、「フラニトネ近郊の状況は、一目瞭然だ。それまでにウクライナ軍が中立圏に位置し、(フラニトネに)隣接するスタロマルイウカ村を奪取し、フラニトネから非政府管理地域のテリマノヴェ町へと強力な攻撃を行った。そのため、ウクライナの通常攻撃地点からのバイラクタル使用が防衛的性格のものであるというのは、疑わしく見える」とする記事を公開している。

ウクライナ軍人が「グレーゾーン」のスタロマルイウカ村のコントロールを確立したとする情報は、作戦戦術部隊が10月26日に否定している。ストラナもまた、その否定発表を報じているのだが、同メディアは10月29日にはそのことを「忘れてしまい」、ウクライナ軍によるスタロマルイウカ奪取を、証明済みの事実かのようにコメントしていた。

さらに同メディアは、二つの印象操作をもって、前述の地点が「攻撃地点」であると主張している。印象操作の1つは、ウクライナ軍が最近捕虜1名を得たとする情報、もう一つは、これに先立ち、ウクライナ側の司令部が反撃以外の攻撃も認めたことから、「停戦から離脱した」との主張である。

この2つの印象操作について説明する。第一に、話に出てくる「捕虜」というのは、地雷除去作業のふりをしてウクライナ軍の配置地点に対して諜報活動をしていたいわゆる「LPR」の戦闘員のことである。この人物は、「LPR人民警察マトヴェイ・プラートフ記念第6独立機械化コサック連隊」の部隊の一参加者であった。この人物は、グレーゾーンに入る権利がない上に、さらに武器まで所持していたため、合意に著しく違反していたのである。

第二に、ウクライナは停戦を離脱していないウクライナ軍人は、占領軍がすでに停戦に違反した場合には、占領軍の攻撃に対して反撃することが許されている。これに対して、占領軍は、恒常的に停戦に違反し、ウクライナ軍配置地点を砲撃、しかも断続的にミンスク諸合意の禁止する兵器も使用している。

なお、「ストラナ」はまた、偽の根拠により、ウクライナが挑発を行っており、独露間新ガスパイプラインプロジェクト「ノルド・ストリーム2」の認証を破綻させようとしているとも主張している。ストラナの記事には、「今年の春同様、現在もまた情勢激化はノルド・ストリーム2のテーマに付随している。当時は、その完工問題が解決しようとしていたが、同時に米国の制裁問題もあった。最終的に同パイプラインは完工され、米国の制裁は発動されなかった。現在は、ノルド・ストリーム2のEUにおける認証問題が生じており、またその利用開始の問題もある。そのプロセスは、数か月かかる可能性がある。もしウクライナ東部ドンバス地方で強力な情勢激化が生じれば、プロセスはさらに長引き、欧州におけるガス不足を背景に、ウクライナのガス輸送システムを通じたロシアの天然ガス輸送問題が再び活発化するかもしれないのだ。そして、ウクライナ大統領府は、ここ数日、割引と契約以上の採掘量を提案しながら、本件を活発に主張しているのだ」と書かれている。

「ストラナ」の記事
「ストラナ」の報道

また別の親露メディア「クリメンコ・タイム」は、バイラクタルの利用があたかも、防衛目的ではなく、ゼレンシキー大統領の軍人向けPRだとする記事を公開した。同メディアは、「それはどういうことだろうか? 第一に、それはウクライナ側が平和的情勢解決を求めていないということ、機器を購入し、新しい戦争展開戦略の中でそれを利用し始めていることを意味する。第二に、情勢は明らかに『温まっている』。今のところ、それが長期紛争へのプロローグなのか、情報面での口実作りを目的とした単なる状況的な雪解けなのかはわからない。例えば、(ゼレンシキー)大統領側がそうすることで軍人の間の支持率を高めたがっている、という噂は流れている」と書いている。

親露政党「野党生活党」による現代ウクライナにおける「ファシズム」関連偽情報

親露テレビ局は、ウクライナのナチス占領からの解放77周年に合わせて、現代ウクライナにおけるナチズム・ファシズムという新しい偽情報を投入した。野党生活党のイッリャ・キヴァ最高会議議員は、第1独立局にて「現在、ウクライナでファシズムが復興している。現在、ウクライナが欧州におけるファシズムのゆりかごとなっている。今日、ウクライナ政権によって、ファシズムに資金が投入され、それが普及され、支援されているのだ」と発言していた。

また、ヴィクトル・メドヴェチューク(野党生活党議員)一派のニュースサイトは、野党生活党が第二次世界大戦の犠牲者の追悼を行ったとする、多くの買収された報道を拡散しており、加えて同党議員による「ウクライナにおけるファシズム再興を見逃さない」とする発言も掲載している。また親露メディアは、第二次世界大戦を「大祖国戦争」と呼んでいるが、それらメディアは、その呼称を用いることで、あたかも第二次世界大戦開戦の責任がナチスドイツにのみあり、ソ連にはないとする、ロシア連邦による神話的主張を支えているのである。

親露メディアや政治家たちは、伝統的にロシアの歴史上の神話を支持している。例えば、第二次世界大戦中、赤軍が、反ヒトラー連合の支援なくウクライナをナチス占領者から解放した、というものである。実際には、物資面のものをはじめとする、支援があったし、連合国は、ドイツやその他の枢軸国を局地的に爆撃し、地球規模で第二戦線を展開するという支援も行っていた。また、赤軍をしばしばロシア軍と呼ぶことがあるが、実際には、赤軍にはソ連の全ての共和国から人々が参加していた。

加えて、またその「神話」は、ウクライナの蜂起運動勢力(ウクライナ民族者組織(OUN)とウクライナ蜂起軍(UPA))がウクライナ国内でナチスと戦っていた事実を否定する試みの一つでもある。なぜなら、ソ連にとっては、民族主義組織参加者とナチスは「同等」でなければならないからだ。ソ連時代は、それはOUN・UPA参加者への弾圧の正当化が目的であったが、現代では、ウクライナにおける民族主義運動の評判落としが目的となっている。さらに、親露メディアは、ウクライナが現在「兄弟であるロシアと和解すること」への拒否していることも、ウクライナの民族主義運動の存在によって説明しようとしている。彼らは、ウクライナの和解拒否の理由を、ロシア連邦がウクライナ領を7%占領していることからではなく、「ウクライナの極右勢力がキーウ政権を操っている」からだと主張しているのである。

VoxCheckの調査手法

VoxCheckの調査員は、ウクライナ国内の親露メディアのウェブサイトやソーシャルメディアをモニターしており、毎週そこで流される主要な報道や話題をまとめている。私たちは、それらメディアによる各週の重要ナラティブを見定めつつ、その発信源について分析している。

モニター対象としている親露メディアは、ストラナ、クリメンコ・タイム、ヴェスチ、ウクラインシキー・ノヴィーニ、ポドロブノスチ、アポストロフ、フロム.ua、ホーロス.ua、「ウクライナにおけるKP」、ズナイ、テレグラフ、112局、Zik局、ニューズワン局、「私たちの局」、第一独立局、インテル局などである。私たちは、これらの報道機関が意図的にロシアのプロパガンダを拡散しているとは主張しないが、これらメディアの発信情報にはロシアの偽情報の要素が含まれていると見ている。

VoxCheckは、偽情報や印象操作を見つけ、それを否定している。調査手段は、「クリック&チェック」という手法である。誰でも、私たちの根拠や情報源を確認することができる。調査は、オープンソースのみをベースに行われており、全てにリンクが貼られている。私たちのファクトチェック記事は、編集部のメンバーの2人が署名して初めて公開できるようになる。

※ウクライナ語版記事「Байрактари у «війні за Північний Потік». Як маніпулювали проросійські медіа за тиждень 25-31 жовтня

トップ写真:アルミヤインフォルム


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-