ウクライナエンジン搭載のトルコ新型無人機アクンジュ、トルコ軍に配備

ウクライナエンジン搭載のトルコ新型無人機アクンジュ、トルコ軍に配備

写真
ウクルインフォルム
29日、ウクライナ産エンジンを搭載するトルコの新型無人機「アクンジュ(Akıncı)」の軍への引き渡し式がイスタンブル近郊にて開催された。

同日、トルコのバイカル・マキナ社がユーチューブ・チャンネルにて中継した

アクンジュ・プロジェクトを率いるバイカル・マキナ社技術ディレクターのセルチュク・バイラクタル氏は、演説において、「バイラクタル・アクンジュ製造プロセスにて、3つの試作品が作られた。アクンジュ第1無人機は、2019年12月6日に初飛行を成し遂げた。アクンジュは、改善の過程で多くの成功を達成している。バイラクタル・アクンジュは、トルコ航空市場最高の高度記録を達成している」と説明した。

同氏によれば、バイラクタル・アクンジュの離陸重量は6トン、最大積載量1.5トン、100以上のデバイスとコンピュターが搭載されており、AI技術を基本に動作するという。

イスタンブル近郊のバイカル・マキナ社科学研究センターで開催された軍への引き渡し式には、エルドアン・トルコ大統領も出席。エルドアン大統領は、国産軍事産業プロジェクトを通じて、トルコは短期間で防衛産業の自国産比率を20%から80%に拡大したと強調した。

エルドアン大統領は、「私たちの次の目的は、私たちの空母に離着陸が可能な攻撃型無人機の製造である」と発言した。

大統領はまた、バイカル・マキナの無人機バイラクタルTB2はウクライナにも供給されていることを喚起した。

なお、バイラク・マキナ社は、新型無人機アクンジュにてウクライナのエンジンを使用している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-