志願兵の日:ポロシェンコ大統領、前線で志願兵たちにあいさつ

志願兵の日:ポロシェンコ大統領、前線で志願兵たちにあいさつ

ウクルインフォルム
ポロシェンコ大統領は、3月14日の「志願兵の日」に合わせ、ウクライナ東部ドネツィク州の前線にあるウクライナ軍配置地点を訪れた他、国家警護隊のアゾフ連隊軍人とも面会した。

14日、大統領府広報室が伝えた。

大統領は、「何よりもまず、志願兵の日にちなみ、あなたたちを祝福したい。今日、国家は、この日を祝っている」と発言した。

ウクライナ軍最高司令官であるポロシェンコ大統領は、軍人たちに対して、高い愛国心と錬度でもって彼らが前線に立っていることにつき謝意を伝えた。

大統領はまた、2013~14年、マイダンから直接ウクライナを守るために前線へ赴き、現在までウクライナ軍に奉仕し続けている人々を非常に高く評価していると強調した。

大統領は、現在、ウクライナ国民全体がロシアの侵略者に対して抵抗をしており、その際、敵にウクライナ国内の破綻の機会を与えないことが重要であると発言し、「現在、ウクライナ軍には、17万人の志願兵がおり、その数は減少していない」と指摘するとともに、「志願精神が維持されることが非常に重要である」と述べた。

また、ポロシェンコ大統領は、ドミトロ・ヤロシュ最高会議議員(編集注:元右派セクター党代表)が率いる組織「ウクライナ志願軍」所属志願兵のウクライナ防衛における役割を指摘するとともに、会合に同席していたヤロシュ本人に直接感謝の意を伝えた。

面会時には、ムジェンコ参謀総長とクリヴォノス国家安全保障国防会議副書記も志願兵を祝福した。

なお、発表には、国家警護隊に所属する「アゾフ連隊」は、コンタクト・ラインにおいて、自らの戦闘課題を履行していると記述されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-