ウクライナ軍、最新防空ミサイル・システムのテストを実施

ウクライナ軍、最新防空ミサイル・システムのテストを実施

ウクルインフォルム
防空ミサイル・システム「トール」(9K330)と「クーブ」(2K12)がテストを経て、ウクライナ陸軍に再配備された。

21日、ヴィクトル・ムジェンコ参謀総長が自身のフェイスブック・アカウントで発表した。

ムジェンコ参謀総長は、「最新化された防空ミサイル・システムのテストが終わり、ウクライナ軍の装備に戻される。これにより、我々は、新しい部隊の編成が可能となり、ウクライナ軍の地対空防衛能力を飛躍的に向上すること、ひいては、国家の防空システムの能力を向上することになる」と書き込んだ。

今回のテストが行われたのは、南部ヘルソン州の訓練場「ヤホルリク」。防空ミサイル・システム「トール」と「クーブ」の最新化を行ったのは、国営アエロテフニカ社だとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-