被占領・IDP省、クリミア配備の露地対空ミサイルの射程範囲を地図で指摘

被占領・IDP省、クリミア配備の露地対空ミサイルの射程範囲を地図で指摘

ウクルインフォルム
ロシアは、地対空ミサイルシステムC-400「トリウームフ」を被占領下クリミアのセヴァストーポリ市、フェオドシヤ市、イェウパトリヤ市に展開した。

27日、一時的被占領地域・国内避難民(IDP)問題省が報告した。

発表には、「ロシア連邦は、自らの軍事地点を拡大することにより、引き続き、一時的被占領下クリミア半島の軍事化を継続している。2018年9月末の時点で、ロシアは、地対空ミサイルシステムC-400『トリウームフ』をセヴァストーポリ市、フェオドシヤ市、イェウパトリヤ市に展開している」とある。

被占領・IDP省が指摘するところでは、ミサイルシステムC-400は、異なる型のミサイル、とりわけ飛距離250キロメートルの48H6と400キロメートルの40H6を装備できる。これらは上空60キロ地点までの対象を攻撃可能とのこと。

同省専門家は、被占領下クリミア自治共和国に配備されたこれらミサイルシステムの射程範囲を示す地図を公開した。同省は、C-400の射程距離には、黒海とアゾフ海の海上を飛行する民間、軍事の航空機が全て入り、また、黒海沿岸のルーマニア、モルドバ、トルコの領土も範囲内となっていることを強調した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-