ウクライナ保安庁、露武装集団拷問施設の元トップを拘束

ウクライナ保安庁、露武装集団拷問施設の元トップを拘束

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ保安庁(SBU)防諜職員は、キーウ(キエフ)市内にて、テロ組織「DPR」の元戦闘員であり、被占領下ドネツィク市の拷問執行所「イゾリャーツィヤ(孤立)」のトップを務めていた人物を拘束した。

9日、SBU広報室が発表した

SBUは、この人物は違法に拘束したウクライナ国民の殺人・拷問を組織し、自ら執行していた人物であると伝えた。

この人物は、未決囚予防措置の選択や、追加的情報の入手といった法的手続きが行われているとのこと。同時に対しては、刑法典における人身売買、テロ集団・テロ組織創設、非合法軍事組織・武装集団創設、戦争法・慣習違反の4つの条項に従った刑事捜査にもとづいて拘束されたという。

同日、国家警察のイーホル・クリメンコ長官が、この人物(デニス・クリコウシキー氏)が拘束されたと述べていた。

また、同日、過去に「イゾリャーツィヤ」にて拘束されていた記者スタニスラウ・アシェーイェウ氏は、キーウにて、被占領下ドネツィク市の地下牢獄「イゾリャーツィヤ」のトップを務めていたデニス・クリコウシキーがキーウで拘束されたと伝えていた。

なお、「イゾリャーツィヤ」は、2010年以降、ドネツィク市の工場跡を利用して様々な芸術・文化イベントを行う同名の団体の施設として知られていた場所。2014年、ロシアによるウクライナ侵略が始まり、ドネツィク市が占領されると、ロシア武装集団によりイゾリャーツィヤの敷地は占拠される。国連の報告書や被拘束者の証言により、同敷地はその後、武装集団により拘束者を拷問する場所として利用されていることが明らかとなっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-