ウクライナ外務省、露によるポクロンシカ元露占領政権検察の駐カーボベルデ露大使任命につき「隠れることは不可能」

ウクライナ外務省、露によるポクロンシカ元露占領政権検察の駐カーボベルデ露大使任命につき「隠れることは不可能」

ウクルインフォルム
ロシア連邦がナタリヤ・ポクロンシカ(露語:ナタリヤ・ポクロンスカヤ)元露占領政権検事総長を駐カーボベルデ露大使に任命したことにつき、ウクライナ外務省は、カーボベルデ政府に対して、ポクロンシカの犯罪について提起していると伝えた。

オレフ・ニコレンコ・ウクライナ外務報道官がウクルインフォルムに伝えた。

ニコレンコ報道官は、被占領下クリミアにてロシア占領政権の検察を務めていたポクロンシカ氏がウクライナに対する国家反逆罪にて指名手配となっていること、またウクライナ、米国、欧州連合(EU)、カナダ、日本の制裁対象となっていることを喚起した。

その上で同氏は、「アフリカにいようと隠れることはできない。ウクライナ外務省は、カーボベルデ政府に対して、ポクロンシカ氏の犯罪行為に関してすでに提起している」と発言した。

これに先立ち、プーチン露大統領は、被占領下ウクライナ領クリミアのロシア占領政権にて検察を務めていたポクロンシカ氏を駐カーボベルデ露大使に任命する大統領令を発出していた。

なお、ポクロンシカ氏は、2014年2月に始まったロシア連邦によるウクライナ領クリミア占領の際に、占領を幇助したことによりウクライナで国家反逆罪の容疑がかけられている。ウクルインフォルムの情報では、セルヒー・アクショーノウ(セルゲイ・アクショーノフ)、ヴォロディーミル・コンスタンティノウ(ウラジーミル・コンスタンチノフ)、ナタリヤ・ポクロンシカ、ルスタム・テミルハリイェウ(ルステム・テミルガリエフ)、ペトロ・ジマ(ピョートル・ジマ)の刑事捜査はすでに終了している。また、同氏は、欧米諸国や日本の制裁対象にもなっている。

なお、カーボベルデは、2014年3月27日の国連総会におけるウクライナ領土一体性決議の際に賛成票を投じている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-