ウクライナ国境警備庁、日本国民からスパイ用機器を摘発

ウクライナ国境警備庁、日本国民からスパイ用機器を摘発

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ国境警備庁は、モルドバからウクライナへと入国しようとしていた日本国民からスパイ用機器を摘発したと発表した。

7日、国境警備庁が発表した

発表には、ビルホロド=ドニストロウシキー部隊(編集注:オデーサ州)隊員が外国籍者から秘密裏に情報を取得するための機器を摘発したと書かれている。この人物は、モルドバからウクライナへ秘密裏に同機器を持ち込もうとしていたと説明されている。

この人物は日本国籍者であり、バスに乗っており、国境検問地点「パランカ」(編集注:モルドバ南部)を移動していたという。

関税庁職員との共同による物品検査の際に、同外国籍者から、カメラやマイクロUSB差込口が隠されている眼鏡2本、ペン2本、時計といったスパイ用の機器が摘発されたと説明されている。

本件は、関連機関に通報されたとのこと。このスパイ機器を持っていた人物は越境を認められず、またこれらの機器は確立された手続きをもって押収したと発表されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-