ウクライナ東部前線付近、1キロメートル近くの鉄道レールが盗難

ウクライナ東部前線付近、1キロメートル近くの鉄道レールが盗難

ウクルインフォルム
ウクライナ東部ドネツィク州にて、1キロメートル近くの線路(レール)を盗難したグループが拘束された。国鉄ウクルザリズニツャ社の被害額は、現在算定中。

1日、ドネツィク州警察が発表した。

発表には、「ドネツィク州警察は、鉄道レールを1キロメートル近く盗難したグループを摘発した。ドネツィク州捜索局職員は、容疑者4名を、彼らが前線付近のヤシヌヴァタ地区で鉄道のレールを破壊している最中に、拘束した」と説明された。

また、容疑者が、何者かの依頼を受けて公共の機材を用いてレールを切断していたことが指摘されている他、治安機関職員が約1キロメートルにわたるレールの破壊を確認したことが発表された。

そして、発表によれば、容疑者はまず300メートルのレールを外し、約12メートルずつ、28に分割、切断の際には、ガスバーナーや特殊鍵、トラクターといった公共企業の機器が用いられていたとのこと。

容疑者は、ドネツィク州オチェレティネ町とコスチャンティニウカ市出身者とザポリッジャ州出身者、年齢33~43歳。そのうちの一人は、ザポリッジャ州で6年にわたり扶養支払い義務の不履行により指名手配となっている人物であったとのこと。

トラクターは、公共企業の職員が犯罪実行のために運転していたと発表された。また、自供の結果、同盗難は注文を受けて行われていたとのことで、彼らを雇ったコスチャンティニウカ市在住の人物の捜索が続いている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-