ロシアはウクライナの標章のついたF16の写真にコメント=宇空軍報道官

ロシアはウクライナの標章のついたF16の写真にコメント=宇空軍報道官

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ空軍のイフナト報道官は11日、ウクライナの標章の付いた戦闘機F16の写真が公開されたことにコメントした。

イフナト報道官がテレビ番組「統一ニュース」出演時に発言した。

イフナト氏は、「当然ながら、F16がウクライナへやってきたら、占領軍にとっての美味しげな標的となる。そのため、準備中のインフラを適応させるために、あらゆることを行わねばならない。なぜなら、それを強固にするのは、それほど簡単なプロセスではないからだ。特に、私たちが毎日攻撃を受けている中ではそうだ。そのため、インフラの適応は続いており、パイロットの訓練も続いている。私たちのファントム氏のインタビューを見たであろうし、標章の写った写真も面白い。その点で、それが本物かどうかの議論が行われている。ロシア人が何を言っているかはもう目にしている。少し神経質になってもらおうではないか」と発言した。

写真:アメリカの声
写真:アメリカの声

同氏はまた、ウクライナに供与されるF16は、「ウクライナのものとなるもので、すでにウクライナの武器である」とし、すでにウクライナの標章や国章、機体番号などが付けられていると指摘した。

これに先立ち、9日、米「アメリカの声」に、ウクライナ空軍の航空機操縦士、コードネーム「ファントム」のインタビューが掲載された。その際、戦闘機F16の写真も同時に公開されていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-