「ロシアの新たな進軍はどこからも起こり得る」=ゼレンシキー宇大統領

「ロシアの新たな進軍はどこからも起こり得る」=ゼレンシキー宇大統領

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は、ロシア軍は大きな損耗を出しているが、同軍司令部は軍に対して様々な課題を出し続けていると指摘した。

独公共放送ARDへのインタビュー時に発言した。​​ゼレンシキー大統領がフェイスブック・アカウントに動画を公開した

ゼレンシキー氏は、「進軍はどこからでも起こり得る。進軍は南部でも東部でも起こり得る。彼(プーチン露大統領)は、ドネツィク・ルハンシク両州の行政境界線へと到達すること(編集注:両州全域の制圧の意)を目的に据えている」と発言した。

同氏はまた、プーチン氏は何千、何万の人を死に送り続けているとし、「彼の子供は戦わない。彼の子供は死なない。彼のことは苦しまない。彼の子供や孫はどこにいるのだろうか。子供や孫はドンバスにいるのだろうか? 彼の言うところの『いじめられている可哀想な人々』を支援しているのだろうか? 彼らは被占領地で秩序を守っているのだろうか? そんなことはないだろう。私たちは、彼らを見つけることはない。戦後も、その後もだ。その人たちは生き続ける。この戦争の代償は、プーチンが払うのでははなく、他人が犠牲となっているのだ」と発言した。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-