ゼレンシキー大統領、米国に到着

ゼレンシキー大統領、米国に到着

写真・動画
ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は21日、バイデン米大統領の招待による公式訪問のために米国ワシントンに到着した。

ウクルインフォルムのワシントン特派員が伝えた。

予定では、12月21日、ホワイトハウスにてゼレンシキー大統領率いるウクライナ代表団と米国政権幹部の会談が開かれ、ウクライナの現状、ロシアの侵略に対峙する中での二国間協力の継続が協議される見込み。

ゼレンシキー大統領は、テレグラム・チャンネルにて、到着時の写真を公開した。

ホワイトハウスは、「訪問時、バイデン大統領が、ウクライナによるロシア侵略に対する自衛を支援するために、安全保障分野の新しい重要支援パッケージの拠出を発表する」と伝えている。

動画:ウクライナ大統領府

同会談後、ゼレンシキー大統領は、米国会の二院共同会合の際に演説を行う。

さらに、ゼレンシキー大統領は、ワシントンで複数の2者会合を行う予定。

なお、ゼレンシキー大統領が、米国を公式訪問するのは今回が2回目(2019年の国連総会出席を除く)。前回は、2021年8月末から9月初旬にワシントンとサンフランシスコを訪れた。今回は、ロシアによる対ウクライナ全面侵攻が始まってから、ゼレンシキー氏の初のウクライナ出国となる。

これに先立ち、同日、米国政権は、ウクライナに対する総額18.5億ドルの新しい軍事支援を発表している。同支援には、防空システム「パトリオット」のウクライナへの供与が含まれている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-