マリウポリ市議会、被占領下の同市の様子を写した動画を公開

マリウポリ市議会、被占領下の同市の様子を写した動画を公開

ウクルインフォルム
マリウポリ市議会は、約半年間にわたりロシアに占領されている同市の現在の様子を写した動画を公開した。

マリウポリ市議会がテレグラム・チャンネルに動画を掲載した

市議会は、「ロシア占領下にあるマリウポリの真の姿はこのようなものだ。ゴーストタウン。露シスト(編集注:ロシア+ファシストの造語)は、プロパガンダテレビで、対敵協力者を住まわせるアパートのある新たな建物を映している。しかし、町の現実は全く異なる。破壊された建物、ぼろぼろの中庭、空爆で壊された公園。生き残っている人々は、パンを求めて行列を作り、窓と暖房のないところで凍えている。それが市内のゲットーと化したマリウポリ市民の真の生活だ。それを隠してはいけない」と伝えた。

なお、現在マリウポリでは、多くの集合住宅が解体されており、5万戸以上のアパートがすでに破壊されたと報告されている


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-