国連代表団、露占領から解放された宇南部ヘルソンを訪問

国連代表団、露占領から解放された宇南部ヘルソンを訪問

写真
ウクルインフォルム
28日、ロシアの占領から解放されたウクライナ南部ヘルソンを国連代表団が訪問した。

代表団には、ブラウン・ウクライナ常駐国連システム調整官とヒルディング人道問題調整局事務所所長が参加している。ヤヌシェヴィチ・ヘルソン州軍行政府長官がテレグラム・チャンネルで伝えた

ヤヌシェヴィチ氏は、「国連が国際パートナーや機関と協力して、私たちの州に6回の人道車列を送ってくれた。支援はすでに、ヘルソン州のノヴォヴォロンツォウカ共同体、ヴィソコピッリャ共同体、ヴェリカ・オレクサンドリウカ共同体、ノヴァ・オレクサンドリウカ共同体が受け取り、2つの車列は解放されたヘルソン市へと到着した」と書き込んだ。

同氏はまた、国連機関代表者たちはヘルソン州の住民を恒常的かつ完全かつ包括的に人道面でサポートしていくと明言したと伝えた。

支援提供に加わっているのは、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、ユニセフ、国際移住機関(IOM)、国連世界食糧計画(WFP)、世界保険機関(WHO)だという。

ヘルソン州住民に届けられているのは、長期保存可能な食料、パン、飲用水、水を入れる容れ物、衛生用品、医薬品、医療機材、建築資材、ソーラーランプ、寝袋、毛布、暖かい衣服・靴、その他必需品だという。また施設には、発電機が提供されているとのこと。

写真:ヤヌシェヴィチ・ヘルソン州軍行政府長官、同行政府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-