ザポリッジャ原発からロシア占領政権が立ち去るかもしれない=ウクライナ原子力発電企業

ザポリッジャ原発からロシア占領政権が立ち去るかもしれない=ウクライナ原子力発電企業

ウクルインフォルム
ウクライナの原子力発電企業「エネルホアトム」社のコチン総裁は27日、ロシアのマスメディアにて、現在ロシアが占拠しているウクライナ南部のザポリッジャ原子力発電所を国際原子力機関(IAEA)のコントロール下に置く可能性が報じられているとし、もしかしたらそれはロシアが同原発を立ち去る兆候かもしれないとの見方を示した。

コチン総裁がTSN局へのインタビュー時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

コチン氏は、「彼らがもしかしたらザポリッジャ原発を立ち去ろうとしているのかもしれないという兆候が現れた。第一に、ロシアのメディアで、ザポリッジャ原発は立ち去ってIAEAのコントロール下に渡し得るという報道が非常にたくさん現れたのだ」と発言した。

同時に同氏は、現時点ではロシア人の原発から撤退の(直接的な)兆候はないとも発言した。また、占領者がザポリッジャ原発の人員をウクライナ政府が管理する地域への移動を禁止したことも伝えた。

その他同氏は、IAEAのグロッシー総裁が、ザポリッジャ原発周辺に安全圏を設置するために活発に活動していると指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-