ロシアの拘束から36人のウクライナ国民解放

ロシアの拘束から36人のウクライナ国民解放

ウクルインフォルム
ウクライナのイェルマーク大統領府長官は23日、ロシアとの間で新たな被拘束者交換が行われたとし、計35人の軍人・民間人を解放させることができたと報告した。

イェルマーク氏がテレグラム・チャンネルで報告した

イェルマーク氏は、解放された者の中には「マリウポリを防衛していた者、アゾフスタリにいた者や、ロシアによる全面的侵攻の最初の数日にチョルノービリ原発にて拘束された国家警護隊隊員もいる」と伝えた。

また同氏は、解放された者の内訳として、国家警護隊隊員22名、国境警備隊隊員8名、海軍軍人4名、陸軍軍人1名、民間人1名(片足切断)だと説明した。

加えて同氏は、「私たちは、戦争にて8か月拘束されていた者を帰還させることができた。スラヴティチには、チョルノービリ原発防衛者のことを家で皆が待っていると書かれた立て看板がある。彼らは戻ってきている。そして、戻ってきているのは彼らだけではない」と指摘した。

また同氏は、今回の帰還作戦に関わった捕虜扱い問題調整本部の活動に謝意を伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-