ウクライナ軍、南部のキンブルン砂州解放作戦にコメント

ウクライナ軍、南部のキンブルン砂州解放作戦にコメント

ウクルインフォルム
ウクライナ軍南部作戦司令部「ピウデン」のフメニューク報道センター長は22日、ロシアの占領下にあるキンブルン砂州の解放作戦は現在も続いていると発言した。

フメニューク氏がエスプレソ局出演時に発言した

フメニューク氏は、「最も重要なことは、作戦が続いていること、私たちが敵との戦いを継続していることである。時期尚早に解放やら、そこから敵がいなくなったと伝えることが、ミコライウに著しいダメージを与える可能性があることを認識しておかねばならない。ミコライウは、大きな空間の脱占領と敵を大きく撤収させたことで、深呼吸したところなのだ」と発言した。

同氏はまた、海では嵐が続いており、それがキンブルン砂州にて敵が防衛を強化することを難しくしていると指摘した。そして、「海が私たちのことを助けてくれている。ウクライナ軍が敵の拠点を攻撃しており、敵はそこを固めることができていない。砂州は、(防御を)固めて、忍耐することができるような、多数の設備を配置できるような場所ではない。嵐は騒がせて良いが、皆は静寂を保とう。キンブルン砂州がヘルソン州左岸の一時的被占領地と繋がっていること、(そのため)敵が予備戦力を集結できることは覚えておくべきだ」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-